DIATONEは日本を代表するスピーカーブランドの1つであり、三菱電機の登録商標としてもよく知られています。
歴史は長く、1946年に自社製ラジオに商号が使用されてから70年以上もオーディオ業界で活躍しつづけています。

DIATONEがこのように現在でも注目を集めるようになったキッカケはある1台のスピーカーから。
主に旧陸軍向け余剰物資を流用して作られた「P−610」というスピーカーの性能の高さがオーディオ業界で注目を集め、ハイファイブームの代表的製品として人気商品となりました。

その後、1987年に経営危機に陥りますが、三菱グループに入ったことで危機を回避。DIATONEはスピーカーに専念し、2006年には高級志向層の需要を見込んで、フロア型スピーカーである「DS−MA1」を発売。

同年の9月には車載ように「DS−SA3」を復活。
2012年からはカーナビゲーションブランドとして「DIATONE SOUND.NAVI」を発売し、カーナビ業界にも参入をしました。
紆余曲折はあるものの、オーディオ関連では基本的に受注生産やインターネット販売にシフトしており、今でも根強い人気を誇っています。

DIATONEの魅力

  • DIATONEしかたどり着けない、音の到達点という強烈なキャッチコピーで発売されている車載用スピーカーであるDS-SA1000。 「一体どれだけ凄いんだ??」と気になりますよね。 DS-SA1000はこれまでDIATONEが培ってきた技術を惜しみ惜しみなく投入し、かつてない圧倒的なハイエナジーとハイレスポンスを実現。

スピーカーを高く売るポイント

画像
  • 1.
    付属品のご準備

    購入時についている箱・説明書・証明書・その他付属品を揃えておくことで査定額UP

  • 2.
    汚れは簡単なお掃除を

    汚れがついていると印象が悪くなりがち。軽く埃などを柔らかい布などで拭き取っているだけでも査定員への印象UP!
    ただしあまり力を入れて拭いたりされますと、埃によって塗装などに傷がつくことがございますのでご注意ください。

  • 3.
    スピーカーのツイーターやドライバー、ホーンなどパーツ類
  • スピーカーはご自分でカスタマイズしやすい部分がありますので、中古製品の需要も高く、ディスコンになったものなど高価買取になるものがございます。

  • ?
    あまり使わずにインテリアになってしまっているスピーカーはありませんか?

    スピーカーには使わずに置いておくだけで劣化してしまうパーツがあります。
    使わなくなったスピーカーは出来るだけ早く買取に出した方がお得。

  • ?
    壊れている、古い、汚れが取れない。と諦めていませんか?

    オーディオサウンドでは、他社では買い取らないスピーカーも積極的に査定させて頂きます。まずはご相談ください。

画像
画像

買取メーカー一覧

対応エリア 全国展開中!

↑