国産のハイエンドオーディオのなかでも、人気があるシリーズです。
色々なモデルが発売されましたが、中でもスピーカーは特に人気があります。 T.A.D のユニットが内蔵された、2401 2402 等は現在でも人気の品番です。
70年代に入り、JBLの技術部門のバート・ロカンシーを技術顧問に迎え、PIONEER EXCLUSIVE はJBLを超える音響製品を作り出すという目的で開発を進めていたようです。
パイオニアのアメリカでのプロ音響部門である、T.A.D によるユニットの開発に至るわけです。
TADのユニットは、現在でもコンサートやライブの機材で現役で使用されています。

一度、イーグルス来日時のライブ音源を、T.A.Dを計30発以上使用したシステムで聞かせていただいたことがあるのですが、未だにそれを超える音(ライブ以外)には出会えていない気がします。

FM Acousticsの魅力

  • 高級プリアンプFM266 FM Acousticsにしてみれば入門者クラスのプリアンプですが、 FM Acoustics自体、本当に希少なのです。

高額買取実績の紹介

スピーカーを高く売るポイント

画像
  • 1.
    付属品のご準備

    購入時についている箱・説明書・証明書・その他付属品を揃えておくことで査定額UP

  • 2.
    汚れは簡単なお掃除を

    汚れがついていると印象が悪くなりがち。軽く埃などを柔らかい布などで拭き取っているだけでも査定員への印象UP!
    ただしあまり力を入れて拭いたりされますと、埃によって塗装などに傷がつくことがございますのでご注意ください。

  • 3.
    スピーカーのツイーターやドライバー、ホーンなどパーツ類
  • スピーカーはご自分でカスタマイズしやすい部分がありますので、中古製品の需要も高く、ディスコンになったものなど高価買取になるものがございます。

  • ?
    あまり使わずにインテリアになってしまっているスピーカーはありませんか?

    スピーカーには使わずに置いておくだけで劣化してしまうパーツがあります。
    使わなくなったスピーカーは出来るだけ早く買取に出した方がお得。

  • ?
    壊れている、古い、汚れが取れない。と諦めていませんか?

    オーディオサウンドでは、他社では買い取らないスピーカーも積極的に査定させて頂きます。まずはご相談ください。

画像
画像

買取メーカー一覧

対応エリア 全国展開中!

↑