日本においてヘッドホン、イヤホンが市民権を得て久しくなりますが、Klipschがその土台の形成に一翼を担ったと言っても過言ではありません。

特に人間の耳の穴にぴったりとフィットするよう解剖学的に設計されたイヤーチップが、エアリーな装着感を実現し、長時間の使用を可能にしてくれます。
また遮音性も高く、音漏れを最大限まで軽減することに成功しています。

機能面ではBluetoothの採用を含めワイヤレス化にも積極的で、伝統ばかりではない先進性もブランドの魅力のひとつかもしれません。

Klipschはポール・W・クリプシュによって1946年にアーカンソー州で設立されました。

本国アメリカでは劇場用やハードロックカフェ系列店でのスピーカーとしても採用され業務用でも高いシェアを誇っています。

この中で培われた先進の技術がイヤホンやヘッドホンにも脈々と受け継がれ、リアルな音場再現に貢献しています。

残念ながらここ数年、ホームシアター関連のスピーカーは日本での販売は見送られているようです。

ラインナップも豊富で、価格帯も他ブランドに決して負けてはいないので、知名度がアップした今こそ、取扱いを再開して欲しいと願っています。

スピーカーを高く売るポイント

画像
  • 1.
    付属品のご準備

    購入時についている箱・説明書・証明書・その他付属品を揃えておくことで査定額UP

  • 2.
    汚れは簡単なお掃除を

    汚れがついていると印象が悪くなりがち。軽く埃などを柔らかい布などで拭き取っているだけでも査定員への印象UP!
    ただしあまり力を入れて拭いたりされますと、埃によって塗装などに傷がつくことがございますのでご注意ください。

  • 3.
    スピーカーのツイーターやドライバー、ホーンなどパーツ類
  • スピーカーはご自分でカスタマイズしやすい部分がありますので、中古製品の需要も高く、ディスコンになったものなど高価買取になるものがございます。

  • ?
    あまり使わずにインテリアになってしまっているスピーカーはありませんか?

    スピーカーには使わずに置いておくだけで劣化してしまうパーツがあります。
    使わなくなったスピーカーは出来るだけ早く買取に出した方がお得。

  • ?
    壊れている、古い、汚れが取れない。と諦めていませんか?

    オーディオサウンドでは、他社では買い取らないスピーカーも積極的に査定させて頂きます。まずはご相談ください。

画像
画像

買取メーカー一覧

対応エリア 全国展開中!

↑