ORACLEは、1979年に創設者の兄であるマルセル氏がカナダで設立しました。

ORACLE社独自のターンテーブル開発に乗り出し、1号機が「Oracle」と名付けられました。

ORACLEの名を世界に広めたバイブレーション・アイソレーション・テクノロジーは、ORACLEの歴史を語る上で欠かすことのできない技術です。

世界中のファンから愛されるレコード・プレイヤー「DELPHI」は、25年に渡って進化し続けています。

98年にサスペンション技術が搭載されたCD DRIVEはリリースから10年が経過してもなお、ORACLEの人気商品として存在感を放ちます。
デジタル機であることを忘れさせるほどのクリアで美しい音質は、他のオーディオメーカーの追随を許しません。

曲線や曲面を活かした美しいデザインは、オーディオの高性能な機能を最大限まで活かします。
『ビジュアル・デザインを一目見て性能を理解することができる』という企業コンセプトを物語る無駄のない説得力のあるビジュアルは、所有欲を満たしてくれます。
洗練された独自性のあるそのデザインは、どのようなインテリアにも馴染みやすく、他のオーディオメーカーから一線を画します。

そうしたORACLEのデザイン性・機能性に対するこだわりが、歴史と改良を重ね、今日も世界中にファンを増やし続けています。

高額買取実績の紹介

スピーカーを高く売るポイント

画像
  • 1.
    付属品のご準備

    購入時についている箱・説明書・証明書・その他付属品を揃えておくことで査定額UP

  • 2.
    汚れは簡単なお掃除を

    汚れがついていると印象が悪くなりがち。軽く埃などを柔らかい布などで拭き取っているだけでも査定員への印象UP!
    ただしあまり力を入れて拭いたりされますと、埃によって塗装などに傷がつくことがございますのでご注意ください。

  • 3.
    スピーカーのツイーターやドライバー、ホーンなどパーツ類
  • スピーカーはご自分でカスタマイズしやすい部分がありますので、中古製品の需要も高く、ディスコンになったものなど高価買取になるものがございます。

  • ?
    あまり使わずにインテリアになってしまっているスピーカーはありませんか?

    スピーカーには使わずに置いておくだけで劣化してしまうパーツがあります。
    使わなくなったスピーカーは出来るだけ早く買取に出した方がお得。

  • ?
    壊れている、古い、汚れが取れない。と諦めていませんか?

    オーディオサウンドでは、他社では買い取らないスピーカーも積極的に査定させて頂きます。まずはご相談ください。

画像
画像

買取メーカー一覧

対応エリア 全国展開中!

↑