Cyrus/Missionは、イギリスのミッション社が生み出したオーディオブランドです。

1975年にイラン系イギリス人によって設立されたミッション社は、当時全盛だったスピーカーとは一線を画した技術で新しい先進的な開発を行いました。

現在ではスピーカーシステムにポリプロピレン振動板を採用するのも一般的ですが、これを初めて実用化したのもミッション社です。

Cyrus/Missionが輸入され始めたのは、80年代後半からと言われていますが、それまでもミッション社は、欧米においてスピーカーブランドとして確かな地位を得ていたとされています。

インバーテッドジオメトリック方式などのように、現在の製品群にも採用されている位相技術がこのときすでに開発されていた点も見逃せません。

日本では90年代にかけて高い評価を得ていたミッション社のオーディオですが、一時期は日本への輸入がストップしていました。
有名オーディオブランドの数々を傘下に持つエレクトロニクスメーカーがミッションのブランドを買収して、再び日本にも輸入されるようになったのはここ10年ほどのことです。

Cyrus/Missionはプリメインアンプで、1980年代に製造されています。

ミッション社の1ブランドであるサイラスは、ごく自然な、さりげない音を出すのが特徴です。

自然な、といっても音の生々しさを感じられるため、楽器の音色にこだわりたいときにも感動体験をさせてくれます。

高額買取実績の紹介

スピーカーを高く売るポイント

画像
  • 1.
    付属品のご準備

    購入時についている箱・説明書・証明書・その他付属品を揃えておくことで査定額UP

  • 2.
    汚れは簡単なお掃除を

    汚れがついていると印象が悪くなりがち。軽く埃などを柔らかい布などで拭き取っているだけでも査定員への印象UP!
    ただしあまり力を入れて拭いたりされますと、埃によって塗装などに傷がつくことがございますのでご注意ください。

  • 3.
    スピーカーのツイーターやドライバー、ホーンなどパーツ類
  • スピーカーはご自分でカスタマイズしやすい部分がありますので、中古製品の需要も高く、ディスコンになったものなど高価買取になるものがございます。

  • ?
    あまり使わずにインテリアになってしまっているスピーカーはありませんか?

    スピーカーには使わずに置いておくだけで劣化してしまうパーツがあります。
    使わなくなったスピーカーは出来るだけ早く買取に出した方がお得。

  • ?
    壊れている、古い、汚れが取れない。と諦めていませんか?

    オーディオサウンドでは、他社では買い取らないスピーカーも積極的に査定させて頂きます。まずはご相談ください。

画像
画像

買取メーカー一覧

対応エリア 全国展開中!

↑