ETONE(エトーン)とは、1960~70年代、SANYOの当時社長であった江藤氏が立ち上げ、自らの名を冠したブランドです。

最高音質のハイエンドなラインナップを誇り、当時ではトップクラスの高価なアンプを発表して話題になりました。

品質に対する自信から永久保証を謳うなど趣味性が強いブランドで、パイオニアのExcrusive (エクスクルーシブ)のようだと表現されることもあります。

特に、真空管を使ったOTL (Output Transformer Less)アンプは、どんなアンプにも真似できない音質であると高い評価を得ていました。

まさに、練り上げられたものこそが持つ厚みと音色で、特に中低~中の音に評価が集まっています。

それ故に、何ものにも代え難いその音質は、ゆったりと時を過ごす空間でのイージーリスニングに向いているとも言われます。

かつて電気製品の部品として使われていた真空管を使ったアンプは、ほんのり明るく光るガラスの美しさからも未だに根強い人気がありますが、その人気はその美しさだけが理由ではありません。

真空管にしか表現できない、温かく柔らかく、そして滑らかな音質こそがファンを魅了し続けているのです。

高額買取実績の紹介

スピーカーを高く売るポイント

画像
  • 1.
    付属品のご準備

    購入時についている箱・説明書・証明書・その他付属品を揃えておくことで査定額UP

  • 2.
    汚れは簡単なお掃除を

    汚れがついていると印象が悪くなりがち。軽く埃などを柔らかい布などで拭き取っているだけでも査定員への印象UP!
    ただしあまり力を入れて拭いたりされますと、埃によって塗装などに傷がつくことがございますのでご注意ください。

  • 3.
    スピーカーのツイーターやドライバー、ホーンなどパーツ類
  • スピーカーはご自分でカスタマイズしやすい部分がありますので、中古製品の需要も高く、ディスコンになったものなど高価買取になるものがございます。

  • ?
    あまり使わずにインテリアになってしまっているスピーカーはありませんか?

    スピーカーには使わずに置いておくだけで劣化してしまうパーツがあります。
    使わなくなったスピーカーは出来るだけ早く買取に出した方がお得。

  • ?
    壊れている、古い、汚れが取れない。と諦めていませんか?

    オーディオサウンドでは、他社では買い取らないスピーカーも積極的に査定させて頂きます。まずはご相談ください。

画像
画像

買取メーカー一覧

対応エリア 全国展開中!

↑