SCI FI(Scientific Fidelity)はMike Maloneyによって1980年代に創設されたハイエンドスピーカー専門のオーディオメーカーです。

そのサウンドは正確無比でありながらダイナミクスに溢れた豊かなイマジネーションを持ち、聴いてるうちにスピーカーが消えて音だけがその場に残ると評されるほどです。

これだけの魅力を持ちながらSCI FI(Scientific Fidelity)の認知度が低いのは、その生産台数が極端に少ないためです。

中古市場に出回ることすら滅多に無く、店頭でお目にかかれることなど奇跡に近いと言って良いのではないでしょうか。

スピーカーはMike Maloneyが一点一点自ら制作しており、納期が年単位で遅れることもあったそうです。
もしかすると、Mike Maloneyは量産に積極的な考えを持っていなったのかもしれません。

結果的に、SCI FI(Scientific Fidelity)のスピーカーは、本国であるアメリカにおいてすら所有者を見つけることが難しい、欲しくても手に入れることができない幻の逸品となっています。

もしSCI FI(Scientific Fidelity)に巡り合う機会があれば、ぜひその至高のサウンドに身を委ねてみて下さい。

高額買取実績の紹介

スピーカーを高く売るポイント

画像
  • 1.
    付属品のご準備

    購入時についている箱・説明書・証明書・その他付属品を揃えておくことで査定額UP

  • 2.
    汚れは簡単なお掃除を

    汚れがついていると印象が悪くなりがち。軽く埃などを柔らかい布などで拭き取っているだけでも査定員への印象UP!
    ただしあまり力を入れて拭いたりされますと、埃によって塗装などに傷がつくことがございますのでご注意ください。

  • 3.
    スピーカーのツイーターやドライバー、ホーンなどパーツ類
  • スピーカーはご自分でカスタマイズしやすい部分がありますので、中古製品の需要も高く、ディスコンになったものなど高価買取になるものがございます。

  • ?
    あまり使わずにインテリアになってしまっているスピーカーはありませんか?

    スピーカーには使わずに置いておくだけで劣化してしまうパーツがあります。
    使わなくなったスピーカーは出来るだけ早く買取に出した方がお得。

  • ?
    壊れている、古い、汚れが取れない。と諦めていませんか?

    オーディオサウンドでは、他社では買い取らないスピーカーも積極的に査定させて頂きます。まずはご相談ください。

画像
画像

買取メーカー一覧

対応エリア 全国展開中!

↑