アメリカ発のオーディオメーカー・Stanton(スタントン)は、1946年にウォルター・スタントン氏が設立した会社です。
特にクラブシーンにおけるオーディオ機材の開発・製造に長けており、プロ仕様のDJ機材を長年にわたってリリースしています。
その他にもミキサーやCDプレイヤー、各種アクセサリーなども製造し、クラブシーンを支える存在です。
そして製品の取り扱いについては、2016年に従来のコルグ社から、ギブソン・ギター・コーポレーション・ジャパン社に移管されています。

DJ技術について、現在ではパソコン内のデジタル音源を、オーディオ・インターフェイスを通してターンテーブルで操作するDVS(デジタル・バイナル・システム)が広まっています。
このシステムについて最初に実現したのがStantonなのです。
これが先駆けとなり、各種DJ機器メーカーで技術が広がってプロアマ問わずDVSを駆使するようになりました。

そして、より進化したDVS機器としてオーディオ・インターフェイスが内蔵されたコントローラーなども発売しており、ライトなプレイを楽しむDJからプロとして緻密なプレイを要求するDJにまで幅広く愛されています。
その他、スタンダードなアナログのターンテーブルはDJの入門編として根強い支持を得ており、安定性に優れたハイトルクで正確なビートを保つことができるという特徴があります。

高額買取実績の紹介

スピーカーを高く売るポイント

画像
  • 1.
    付属品のご準備

    購入時についている箱・説明書・証明書・その他付属品を揃えておくことで査定額UP

  • 2.
    汚れは簡単なお掃除を

    汚れがついていると印象が悪くなりがち。軽く埃などを柔らかい布などで拭き取っているだけでも査定員への印象UP!
    ただしあまり力を入れて拭いたりされますと、埃によって塗装などに傷がつくことがございますのでご注意ください。

  • 3.
    スピーカーのツイーターやドライバー、ホーンなどパーツ類
  • スピーカーはご自分でカスタマイズしやすい部分がありますので、中古製品の需要も高く、ディスコンになったものなど高価買取になるものがございます。

  • ?
    あまり使わずにインテリアになってしまっているスピーカーはありませんか?

    スピーカーには使わずに置いておくだけで劣化してしまうパーツがあります。
    使わなくなったスピーカーは出来るだけ早く買取に出した方がお得。

  • ?
    壊れている、古い、汚れが取れない。と諦めていませんか?

    オーディオサウンドでは、他社では買い取らないスピーカーも積極的に査定させて頂きます。まずはご相談ください。

画像
画像

買取メーカー一覧

対応エリア 全国展開中!

↑