日本を代表する音響機器の製造メーカーであったSANSUI(サンスイ)。
現在は残念ながら破産し、事業を行っていません。
しかし、製品の質は非常に高く、閉業後も音楽愛好家に愛され続けています。

一時はONKYOなどと並びオーディオ御三家として呼ばれているほどの人気を博していました。

会社設立当初はトランスの生産と販売が主な事業内容でした。
しかし、1969年に海外向けに商品化したレシーバーが大ヒットし、オーディオ機器の生産と販売へ大きくシフトしました。
それからヒット商品を多く輩出していきます。

特にSANSUIはステレオアンプ技術が非常に強く、JBLの日本代理店としても大きく活躍しました。
その後、1984年の10月期には525億5200万円という売上高を記録しました。
そんなSANSUIの経営理念は「高品質と高信頼性」。
これらをモットーに、得意としているトランスを基調としたHi-Fiアンプの生産をし、90%以上を日本国外で販売し、高級アンプブランドの「SANSUI」として世界に名を轟かせることになりました。

しかし、オーディオブームの衰退やデジタル化の波によって経営が悪化。
平成元年にはイギリスのPPIの出資によって傘下になりましたが経営は好転せず、2012年には民事再生法を適用しました。
それでも資金繰りのめどがつかず2014年に破産となりました。

現在はドウシシャがSANSUIブランドを使用し、SANSUIブランドを受け継いでいます。

スピーカーを高く売るポイント

画像
  • 1.
    付属品のご準備

    購入時についている箱・説明書・証明書・その他付属品を揃えておくことで査定額UP

  • 2.
    汚れは簡単なお掃除を

    汚れがついていると印象が悪くなりがち。軽く埃などを柔らかい布などで拭き取っているだけでも査定員への印象UP!
    ただしあまり力を入れて拭いたりされますと、埃によって塗装などに傷がつくことがございますのでご注意ください。

  • 3.
    スピーカーのツイーターやドライバー、ホーンなどパーツ類
  • スピーカーはご自分でカスタマイズしやすい部分がありますので、中古製品の需要も高く、ディスコンになったものなど高価買取になるものがございます。

  • ?
    あまり使わずにインテリアになってしまっているスピーカーはありませんか?

    スピーカーには使わずに置いておくだけで劣化してしまうパーツがあります。
    使わなくなったスピーカーは出来るだけ早く買取に出した方がお得。

  • ?
    壊れている、古い、汚れが取れない。と諦めていませんか?

    オーディオサウンドでは、他社では買い取らないスピーカーも積極的に査定させて頂きます。まずはご相談ください。

画像
画像

買取メーカー一覧

対応エリア 全国展開中!

↑