画像
Accuphase DP-510の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Accuphase DP-510の魅力と真実に迫る

Accuphase DP-510

Accuphase DP-510は2006年11月に発売されたDP-500の後継機として2010年6月に誕生した、当時最新のデジタルテクノロジーとクオリティで高品質再生を極限まで求めたハイエンドCD専用プレーヤーです。

CDドライブは自社開発ドライブを搭載しており、外部振動の影響を受けにくい筐体構造やディスク回転時の無共振化、低重心化を図ることでサウンドへの影響を低減しています。
また、CDドライブ本体は金属シャーシで強固に固定されており、高剛性で重量級の構造としています。
しっかりと制振されている証拠に、本機はどこをたたいても鈍い音しかしません。
さすがはアキュフェーズ!としか言いようがありません。

プロセッサー部にはMDS++方式D/Aコンバーターを搭載しています。
選りすぐりの超高性能⊿Σ型D/Aコンバーターを6回路並列駆動させることで高い変換精度と共に、ノイズやひずみ率などの特性を大幅に改善しています。
このD/Aコンバーターを単独でも使用できるよう、外部ディジタル入力端子を同軸・光デジタル端子と2系統備えており、特に同軸端子からは192kHz/24bitまでの入力が可能となっています。

サウンドは陰影がはっきりとした深みのあるもので、SN感の極めて高い無色透明で広がりが圧倒的なのが特徴です。
ヴォーカルや楽器がその場にあるかのような表現力には圧倒されてしまいます。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑