画像
AIR TIGHTのアンプATC-1の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

AIR TIGHTのアンプATC-1の魅力と真実に迫る

エイ・アンド・エム社が誇るブランド「AIR TIGHT」の「ATC-1」は、ハイエンドな管球式のプリアンプです。

発売時期は80年代後半なので結構昔に作られたアンプですが、さっぱりとしたデザインをしているせいか、それほど感じさせません。

発売当時はCDが普及し始めていたときなので、ラインアンプ段の構成は1段増幅した後にカソードフォロアを加える、シンプルな回路となっています。

ATC-1は濃厚な音色が特長で、音に厚みを感じさせてくれます。

音のメリハリよりも濃さを重視する人はきっと気にいることでしょう。

ATC-1の出力インピーダンスは600Ω、入力インピーダンスはPhonoで47kΩ, Lineで100kΩです。

真空管は12AX7(ECC83)が5本使われています。

一昔前のものなので今のアンプにあるような機能などは付いておらず、とにかくシンプルでややこしくなく、直感的に使えるので好感が持てます。

新品の値段が数十万円と一向に下がらないことからも、品質の上では現代のプリアンプにも引けを取らない良さが見てとれるでしょう。

ATCシリーズはATC-5まででており、初代のこのアンプがいかに優れていたかを感じさせます。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑