画像
ALTECのアンプ128Bの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

ALTECのアンプ128Bの魅力と真実に迫る

真空管パワーアンプ「128B」は、主に業務用オーディオ機器を手がけたアメリカのメーカーALTECの製品です。

128Bの見た目は、すぐにALTEC系のアンプとわかる独自のデザインをしていますが、ほかの製品とは違って、真ん中に大きくメーターが付いています。
機械感が増してより無骨な感じになったともいえますが、メーターが付いていると微調整するときに大変便利です。

この128Bは、業務用のアンプなだけあって、万人に受け入れられやすいように作られているためか、音の再現性が高く、とても聴きやすいものとなっています。
その聴きやすさの由来は、おそらく音が柔らかめなためでしょうか。
ALTECファンの方なら分かるでしょうが、本機もほかのALTECブランド製品と同様に、太くパワフルな音をしており、そこがまた魅力でもあります。

128Bは、出力は40ワットとまあまあのスペックですが、真空管には6CG7、6CA7/EL34、5AR4が使われています。
古いアンプなので、ものによってはノイズなどのトラブル発生もあるかもしれませんが、パーツを交換すれば解決するのがレトロなアンプの良いところです。
音がマイルドすぎると感じる場合も、パーツを交換して、自分好みの音を追求してみてはいかがでしょうか。

ATC-2はもう生産が終了しており、基本的には手に入れにくい商品です。
状態が良ければプレミアムがついてもおかしくないほどなので、貴重中の貴重の逸品といえるでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑