あんしん売却。

AMPEXは、1944年にアメリカで設立されたエレクトロニクス会社です。

1947年に映画やラジオの大スターだったビング・クロスビー氏が主要な投資家になりましたが、当時の社員はわずか6人でした。
オーディオエンジニアのジャック・マリンがプロトタイプとして開発したオープンリールテープレコーダーの販売にこぎつけたことを足がかりに、その後はプロフェッショナル放送用機材を多く手がけることになります。

余談ですが、AMPEXはテレビゲーム界にも進出し、その名を轟かせました。
日本では過去東芝アンペックス株式会社という名称でライセンス生産を行っていたので、知っている方も多いのではないでしょうか。

AMPEXのアンプの特徴としては、ヴィンテージであることです。
当時の名機として知られる6551では、出力管にWestern Electric 350A、整流管にはWestern Electric 274Bが使用されています。
Western Electric 350Aはステムの上部がフラットな構造となっていて、独特の高出力かつ安定したパフォーマンスを実現しました。
また、Western Electric 274Bから発せられる中域は、まるで生きているかの様な躍動感にあふれ、羽が生えて自由に空を飛び立つような爽快なサウンドを作り上げることに寄与しています。

このWestern Electricのパーツは後期モデルにおいても引き続き採用されることが多く、AMPEXをAMPEXたらしめる、大きなひとつの真実となっているのです。

AMPEXの魅力

  • AMPEXのアンプ620の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • AMPEXのアンプ6516の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

 

AMPEX 最新買取情報

     
           

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑