あんしん売却。

アメリカのオーディオメーカーであるAudio Machinaは、カール・シューマン氏の手により2000年に創業されました。

もともと物理学や数学、医学の学位を得ているシューマン氏は、音を忠実に再現する理論に加え、人間の耳や脳が音を感知するメカニズムについても知見を持ちます。
それらの理論や知見を集結してシューマン氏が求めたのは、自然かつ生き生きとした音を奏でるオーディオシステムでした。
製品の製造は職人の手作業にこだわり、テクノロジーと繊細さを共存させています。

Audio Machinaはエンクロージャーの構造に特にこだわりを持っていることで知られ、ユニットとエンクロージャーの共振を抑える工夫が随所に凝らされています。
その最たるものが、CRM(コンパクト・リファレンス・モニター)と呼ばれる小型スピーカーです。
その特徴は、アルミブロックを切削することで作り出すエンクロージャーにあります。
エンクロージャーを硬質な金属による密閉型にすることで、設計ではなく素材の力で共振をなくそうという発想なのです。

また、2017年には小口径フルレンジユニットを並べたラインアレイ型スピーカー・XTACや、アナログレコード再生において広帯域をフォローする振動吸収システム・V8も開発し、これらの製品により、音の再現の忠実性をより一層向上させることに成功したのです。

Audio Machinaの魅力

  • Audio Machina CRMの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

 

Audio Machina 最新買取情報

     
           

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑