あんしん売却。

audio-technicaは、ブリヂストン美術館に勤め、レコードコンサートの運営などをしていた松下秀雄氏が独立して創業したオーディオメーカーです。

黎明期はカートリッジ専門のメーカーとして、MM型ステレオ・カートリッジ「AT-1」や「AT-3」といったオーディオマニア向けの自社ブランド製品を多く手がけていましたが、1967年には独特な形状のマグネットを内蔵したVM型カートリッジを開発し、独自の特許を取得することに成功しています。

その後は、主にヘッドホンなどのオーディオ機器を手がけながら日本のオーディオシーンを牽引し続け、今でも変わらぬ人気を誇っています。
また、業務用製品としてAUTECというブランド名も存在し、audio-technica同様に知名度が高いのが特徴です。

audio-technicaのアンプは、ヘッドホンに特化したアイテムが多いのが特徴です。
これは、audio-technicaが上質なアンプを多く手がけており、そのアンプを生生かそうと、より高いクオリティのサウンドを提供するために自社開発をしているのです。

音質を重視した設計を心がけ、複雑な機能よりもシンプルさを追求しているのも良いですね。
2台のヘッドホンの同時使用が可能なアンプも多く、拡張性が驚くほど高い点も評価されています。
ライン出力を無駄にしないスルー出力端子などにより、接続時の音質損失を最小限に抑えることも成功しています。

audio-technicaの魅力

  • audio-technicaのアンプAT-HA2002の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • audio-technicaのアンプAT-DHA3000の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • audio-technicaのアンプAT-HA5000ANVの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

 

audio-technica 最新買取情報

     
           

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑