画像
DENONのアンプPMA-S1の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

DENONのアンプPMA-S1の魅力と真実に迫る

画像

DENON PMA-S1は、増幅素子に大電流型増幅素子UHC-MOSを使った、シングルプッシュプル回路のプリメインアンプです。

UHC-MOSの電流供給力はバイポーラトランジスタ以上の性能で、しかもカスコードブートストラップ方式を採用しているので、入力信号をピュアに増幅して電力増幅段へと送り出します。
PMA-S1はBTL回路の採用により、電源電圧が低くても安定した出力を得られるため、デバイスの選択肢を大幅に増やすことができます。

イコライザーアンプには2段構成の専用電源を搭載し、Phono入力を使わないときはEQ PowerスイッチをOFFにすれば回路も電源も完全に遮断できるため、CDなどライン入力の音質に影響を与えない構造です。

シャーシには電磁歪の発生しにくい非磁性体の砂型鋳物を使い、シャーシとラジエーターを一体化した構造により、堅牢性と無共振を可能にしました。

また、トランスのコアや焼結合金インシュレーターはシャーシに直接固定する防振構造により、周囲への電磁的影響を排除しています。
さらに、トランスには磁気シールドを施して、音質劣化の原因となるリーケージフラックスを低減させました。

主なスペックは、定格出力100W+100W(4Ω、1kHz)・50W+50W(8Ω、20Hz~20kHz)、全高調波歪率0.007%(1kHz、25W、8Ω)、出力帯域幅5Hz~50kHz(出力25W、8Ω、THD 0.1%)、入力感度/インピーダンスPhono MM:2.5mV/47kΩ、SN比Phono MM:91dB(入力5mV時)、外形寸法:434(幅)×155(高さ)×493(奥行)mm、重量25.5kgとなっています。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑