画像
DENONのアンプPOA-1000Bの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

DENONのアンプPOA-1000Bの魅力と真実に迫る

画像

DENON POA-1000Bは、シングルプッシュプル回路を装備したハイパワーステレオアンプです。
POA-1000B発売当時、これだけの大出力が可能な真空管式のパワーアンプはなかったといわれています。

出力段にビーム5極管6GB8を使い、20Hz~20KHz間の帯域にわたって片チャンネル100W以上の連続出力を得ているにもかかわらず、高調波歪率0.5%以下という高い数値を誇っています。

POA-1000BはカソードNF巻線付の広帯域型出力トランスを搭載しているため、伝送帯域が飛躍的に向上して位相歪のないクリアな音の再生を可能にしました。
残留雑音が8Ω端子で0.5mVrms以下と高性能で、どんなスピーカーシステムでも余裕で駆動できるパワーがあります。

また、POA-1000Bは管球アンプなので入力インピーダンスが大きく、どんなコントロールアンプとも相性が良いために、信号を劣化することなく増幅することができます。
DIN規格を上回る高性能レベルメーターを搭載し、100W~1mWまで等間隔目盛が刻まれているため、小音量でも瞬時のピーク信号に追従して正確に読み取れます。

主なスペックは、定格出力(両ch駆動、正弦波連続出力)110W+110W(1kHz)・100W+100W(20Hz~20kHz)、全高調波歪率(定格出力時)0.2%以下(1kHz)・0.5%以下(20Hz~20kHz)、出力帯域幅(両ch駆動)15Hz~70kHz、周波数特性5Hz~150kHz +0 -3dB、入力感度/インピーダンス1Vrms/250kΩ、外形寸法:410(幅)×117(高さ)×386(奥行)mm、重量34kgとなっています。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑