画像
DENON POA-3000RGの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

DENON POA-3000RGの魅力と真実に迫る

DENON POA-3000RGは、1990年発売のステレオパワーアンプです。

POA-3000Gには、DENONが独自開発した新回路「MOSスーパーオプティカルクラスA回路」が搭載されています。
これまでの「オプティカルクラスA回路」を進化させたこの回路は、MOS FETとMOS POWER FETがインバーテッド・ダーリントン接続されている点が特長です。

回路の組み方や接続の仕方を見直したことにより、バイアス電流の量がそれまでの約10倍にまで増えました。
その結果、純A級の動作域も約10倍にまで広がることになり、起こり得るひずみは一通り抑えられるようになりました。
デジタル時代にぴったりのパワーアンプです。

ステレオとモノラルそれぞれには、RCAピンジャックとバランス入力端子が装備されています。
スイッチ切り替えによって、モノラルパワーアンプとしても使える仕様です。

モノラル動作時、バランス入力はダイレクトバランス方式で行いますが、アンバランス入力はインバーテッドΣバランス回路でバランス化します。
電源部には、大型トロイダルトランスと大容量電源コンデンサを採用しました。

この組み合わせが、大きなパワーを安定供給するための肝といえる部分です。
左右を完全独立させたモノラルコンストラクションによって、干渉の解消にも成功しました。
十分な音量とクオリティを両立させた名品です。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑