画像
EARのアンプEAR 534の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

EARのアンプEAR 534の魅力と真実に迫る

画像

EARの現行ラインナップにおいて、パワーアンプの中核機と呼ばれるのがEAR 534です。
クラスA級パラレルプッシュプルによるモノ仕様で100W(8Ω)のハイパワーを誇る534ですが、50W+50W(8Ω)のステレオ仕様にも変更することが可能で、愛用するスピーカーやシステムに柔軟に組み合わせることができます。

使用されている真空管はECC83が2本、ECC85が2本、6CA7が8本で、セルフバイアス式のためユーザー自らの真空管交換も容易になっています。
フロントパネルはEARアンプによく見られるクロームメッキ仕様ではなく、シンプルなアルミヘアラインフィニッシュが施され、中央のトランス左右には真空管が美しく配置されています。

費用面で問題がなければ、ユーザーはぜひEAR 534をモノラルパワーアンプとして2台使用してみて下さい。
真空管アンプの枠を超えた100Wのハイパワーを堪能できるだけでなく、設計者のティム・デ・パラヴィチーニが追求する音世界に踏み入ることができます。

長いキャリアを経て培われたパラヴィチーニの求める艶、色気、気品が込められた534のサウンドは、プロのスタジオ用機材として名声を高めた基本性能の上に咲く、美しくゴージャスな華と言わざるを得ません。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑