画像
EARのアンプEAR 834Lの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

EARのアンプEAR 834Lの魅力と真実に迫る

画像

画像

オーディオ界の鬼才ティム・デ・パラヴィチーニのEAR社が誇るロングセラー、それが 1996年に発表されたEAR 834L真空管式プリアンプです。

真空管には双三極管のECC83が1本、ECC82が2本が採用され、手巻きの特製トロイダルトランスやEAR独自の電源回路など、パラヴィチーニの目指す音世界を具現化する設計が施されています。
RCAの5系統入力のほか、2系統の出力を持っているので、ユーザーはバイアンプシステムに発展させていく楽しみもあります。

フォノイコライザーを搭載していないため、アナログを聴く場合は別途フォノアンプを用意する必要がありますが、多くのユーザーがベストマッチのEAR製を選ぶことになるでしょう。
クロームメッキされたフロントパネルの大型ボリュームダイアルは、ユーザーに34Lを操作する悦びを与えるだけでなく、外観のアクセントとして所有感も満たしてくれます。

トランジスタアンプの硬質なサウンドが気になるオーディオファイルは、真空管アンプを選択肢に加えることになるかもしれませんが、その筆頭候補にふさわしいのが834Lです。
ビロードのように滑らかな音色、実在感あるミッドレンジの音像、透明に広がる音場。
パラヴィチーニが作り出す34Lの音世界は、真空管というデバイスを超えた桃源郷なのです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑