画像
EARのアンプEAR 868PLの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

EARのアンプEAR 868PLの魅力と真実に迫る

EARのフラッグシッププリアンプEAR 912は、全てのEARエンスージアストの憧れであり、一度は手に入れて見たい一品です。
EAR 868PLはその912の技術や設計を落とし込み、EARや真空管プリアンプに興味を持つオーディオファイルに門戸を広げる製品となっています。

「PL」と型番に付く通りフォノイコライザーが内臓された868PLには、真空管のPCC88が4本使用され、トランスは設計者ティム・デ・パラヴィチーニによる特製品が搭載されています。
トランスカップリング方式と呼ばれるパラヴィチーニ独自の回路も採用され、MM/MCが選択可能なフォノイコライザーは912と同等品となっています。

オーディオファイルとは一線を画すヴァイナル愛好家も、自宅のシステムにEAR 868PLをぜひ取り入れてみるべきです。
「ピュアオーディオ機器はスタジオで仕事をしているような音を出す」という偏見は、868PLによって脆くも崩れ去ることになるでしょう。

スタジオ仕様のEAR 912が血の通った生命感溢れるサウンドを聴かせてくれたように、そのエッセンスを受け継ぐ868PLも生き生きとした音楽の真髄をリスナーに届けます。
特にアナログソース再生は868PLの真骨頂であり、リスナーはたちまちパラヴィチーニが理想とする優美なサウンドの虜になるはずです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑