画像
EARのアンプEAR 869の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

EARのアンプEAR 869の魅力と真実に迫る

1994年にEARが発表したプリメインアンプEAR 859は、オーディオファイルから大好評で迎えられました。
そこでEAR設立者であるティム・デ・パラヴィチーニは、2000年に入り859をブラッシュアップしたEAR 869を世に送り出しました。

EAR 869ではクラスAエンハンスド・トライオード3極管接続にさらに改善を加えられたほか、大型出力トランスが搭載されて14.5W+14.5W(8Ω)のパワーを実現しています。
真空管にはEL519、PCC882、ECC85が各2本使用されて、859と同じく左右対象に配置されています。

クロームメッキのフロントパネルやゴールドのセレクターやボリュームダイアルなど、外観も859を踏襲していますが、869ではブラックフロントパネルの限定バージョンも発売されました。
またパワーアンプとして使用するためのスプリットスイッチも設けられたので、お気に入りのプリアンプと869を接続して楽しむこともできます。

しかしながら、パラヴィチーニによる入念な音作りがされた869では他社製品と組み合わせても、真価を発揮するまでに至らないかもしれません。
やはりここはストレートにプリメインアンプとして使用し、音楽の美しさとダイナミズムが融合した「パラヴィチーニの音世界」を堪能すべきでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑