あんしん売却。
ELAC

ELACは、1926年にドイツで創業したオーディオメーカー。
1911年に設立され1926年に登記されましたが、当初は海軍の傘下でソナーを開発していました。
その後は精密機械や軍関連の機器の生産に携わりますが、ソナーといい精密機械といい、どれもオーディオと無関係ではありませんでした。
1945年にラジオの製作、1948年にターンテーブルの製造に着手。
カートリッジといえばOrtofonですが、実はELACがカートリッジの先駆者であり、1953年にはMMカートリッジ(モノラル)の特許を取得し、1957年には世界初となるMMステレオカートリッジを製造し特許申請します。
50年代後半から60年代には、ELACのカートリッジはドイツ・グラモフォンのスタンダードに指定され、当時のヨーロッパのレコード会社のスタンダードの多くがELACカートリッジを使用していたと見ることができます。

ELACの322シリーズは、SHUREとのクロスライセンス生産でムービング・マグネット型式を採用したモデルであり、SHUREではM3Dとして発売されています。
STS-200は、ツインコイルという珍しい構造のMMカートリッジであり、スタイラスは四角いパイプ型で、同シリーズのSTS220、320にも同じものが使われていました。

2016年には、創業90周年を記念して「MMカートリッジ付きターンテーブル Miracord90」を発売しており、90年以上前に創業したオーディオメーカーが現存することには感嘆を覚えます。

 

ELAC 最新買取情報

買取実績公開中
     

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑