あんしん売却。

1926年にドイツで創業し、80周年を迎えたELAC。
今なおハイクオリティーのスピーカーを輩出しており、非常に人気が高いです。
ですが、実はELACは最初からオーディオを中心に扱っていたわけではありません。

創業後20年ほどは水中で使用するソナーを中心に製造を手掛けていました。
そして、1945年にやっとオーディオ業界に参入し始めます。
その中で、最初のレコードプレーヤーである『ミラコード』が大ヒットしました。

その後、1957年にはステレオ・フォノ・カートリッジを開発し、日本では55シリーズや79シリーズによって知名度を獲得していきます。
1980年にELACは本格的にスピーカー開発を進め、4PIリボン・トィータやハイルドライバーなどユニークなアイデアを組み合わせ、高性能オリジナルユニットへと昇華させることに成功しました。

そして、現在は数々の名スピーカーを手掛けてきたアンドリュー・ジョーンズ氏がELACへ移籍したことで、さらなるスピーカーの開発が期待されます。

今後もELACは注目すべきオーディオメーカーの1つです!

ELACの魅力

  • ELAC FS247SEの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ELAC FS247の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ELAC BS314の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ELAC BS403の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ELAC BS312の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ELAC CL330 JET AUTHENTICの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ELAC BS U5 SLIMの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ELAC 330CEの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ELAC FS267の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ELAC FS247 BEの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ELAC FS210 Anniversary Editionの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ELAC CL330 JET MKIIの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ELAC CC241の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ELAC FS407の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ELAC BS602 X-JETの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ELAC 330.3 JETの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ELAC 310 INDIES BLACKの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ELAC 310CEの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ELAC BS263の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ELAC BS244の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ELAC BS243 Limited Editionの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ELAC BS243の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ELAC FS249の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • ELACの中でも人気が高いBS72。 見た目は非常にシンプルで、ありながらサウンドはハイクオリティーとなっています。 コーンウーハーは116mmと150mmの大きさのものを使い、ドーム・トゥイータには25mmのものを使用。

対応エリア 全国展開中!

オーディオサウンド
↑