あんしん売却。

EPOCHAL(エポカル)は、システマティック・インターシティからリリースされたオーディオ機器のブランドです。
このブランドが作られた経緯は、サウンドデザイナーの志村氏が立ち上げたオーディオメーカー・インターシティから始まります。
インターシティが、同じくオーディオメーカーであるシステマティックとOEM契約を結び、ブランドEPOCHALとして製品が生産・販売されることになったのです。

EPOCHALの名を冠してリリースされたアンプとしては、パワーアンプEM-1がよく知られており、筐体の大きさおよびパワーに関しては弩級と称されるものでした。
その他EPOCHALでは、このEM-1のほかにもプリアンプなどが作られており、オーディオファンから高い評価を受けていたのです。

音質としては、解像度が高く楽器やボーカルの生の音を忠実に再現することが特徴です。

また、低域の無駄な膨らみも抑えて輪郭のはっきりした音を奏でてくれるのです。
さらに空間表現力にも優れており、広がる音に包み込まれるような感覚になるでしょう。

ちなみに現在では、インターシティの技術責任者が急逝したことから同社は廃業し、EPOCHALの生産はストップしています。
そのため、中古市場で出回っているEPOCHALアンプは希少価値の高いレアなものとなっているのです。

EPOCHALの魅力

  • EPOCHAL EM-1の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

 

EPOCHAL 最新買取情報

     
           

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑