画像
ESOTERIC K-07の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

ESOTERIC K-07の魅力と真実に迫る

K-07

主にハイエンドデジタルプレーヤーに定評のあるESOTERIC(エソテリック)は、一体型デジタルプレーヤーの優れた機器を数々世に送り出しています。
2010年代からは、既存のモデルを一新して新たなモデルを続々とリリースしており、SACDプレーヤーのK-07もそれらのモデルに数えられます。

K-07には、旗艦モデルであるK-01などにも搭載されていたVOSPメカニズムが採用され、そのメカニズムとは、ディスクにレーザーを照射する際に常に角度を垂直に保つ軸摺動型ピックアップを搭載し、さらにハウジング部に厚みのあるスチール製スタビライザーを用いたものです。
これにより、ディスクの信号を微細にわたり正確に読み取ることが可能となりました。

また、DACデバイスには旭化成エレクトロニクス社製のAK4392を搭載し、さらに、DACとアナログ出力回路を完全デュアルモノ構成とすることで、ch間の干渉を防いでいます。
その他、ESOTERIC独自のPC用ドライバーによって、192kHz/24bitのUSB入力とアシンクロナス伝送を実現しました。

筐体は、アルミを使用しメタリックな質感を醸し出しているほか、ビスを排除したスマートなラウンドフォルムが印象的です。
さらに音質は、高い解像度と音を繊細に再現するところが魅力で、奥行きの深い音楽再生を可能にするばかりでなく、みずみずしさや温かみも持ち合わせており、K-07は、空間表現力にも優れた逸品と言えるでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑