画像
Fidelity Research FR-64Sの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Fidelity Research FR-64Sの魅力と真実に迫る

Fidelity Research(フィデリティ・リサーチ)は、1976年にトーンアームFR-64Sを発表しました。

本機が発売された当時のトーンアームは、調整が難しいスタティック・バランスタイプが主流でしたが、FR-64Sはダイナミックバランスタイプで、32センチを超えるロングアームです。
内部のスプリングで針圧をかけるダイナミックバランス型は、安定を保つために高い技術を必要とします。
本来では量産するには難しい、ダイナミックバランス型の技術を採用して開発されたFR-64Sは、レコードの追従能力が高いうえに、微妙な針圧調整も簡単にできるようになりました。
どのようなカートリッジにでも対応できる能力もあるほか、FR-64Sにはステンレス鋼が採用されているため、アルミ合金よりも高い強度で振動を低減しています。

また、アームパイプの内側にもう1本のパイプが搭載され、二重構造になっていることも本機の特長です。
これにより、本体への振動が軽減されナチュラルで明確な音質が実現したのです。

最新のデジタル技術にも引けをとらない高音質で人気を誇ってきたトーンアームなので、アナログレコード人気が続くなか、名機で名高いFR-64Sへのニーズも高まっています。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑