画像
Fidelity Research FR-66FXの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Fidelity Research FR-66FXの魅力と真実に迫る

FR-66FX

1963年に創立されたFidelity Research(フィデリティ・リサーチ)は、ダイナミックバランス型のトーンアームFR-66FXを開発しました。

創始者の池田勇氏は、黎明期からアナログレコード開発に携わった経験を活かしFXシリーズを次々に発表しています。

FXシリーズではパイプにこだわり、オリジナルの技術を惜しげもなく投入しました。
当機の特長は、中心部に質量を集中させた構造で振動を極限まで低減させていることでしょう。
先発機のFR-64FXで実証された、パイプへのこだわりが活かされていることは言うまでもありません。

変形S字型のパイプ表面には特殊な処理がなされ、強度を高めているほか、ウエイトを交換しなくても、軽量から重量までのMCに対応可能など、時代が変わってもFR-66FXは名機としての評価が高い機種です。

Fidelity Researchは1985年に生産を終了しました。
そのため、FR-66FXをはじめとするトーンアームの機種には希少性があります。
本機の正しい価値を知る人にとって、時代を超えた憧れが存在すると言っていいでしょう。
国内外で高い評価を得てきたFR-66FXは、オークションでも価格が大きく下がることはありません。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑