画像
FM ACOUSTICSのアンプF10Bの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

FM ACOUSTICSのアンプF10Bの魅力と真実に迫る

1998年に誕生したFM ACOUSTICS F10Bは、同社のクラシックシリーズの中でも最もシンプルにしてピュアなステレオパワーアンプです。

基本回路構成はこれまでのアンプを踏襲しつつ、カーブトレーサーによる半導体デバイスの徹底選別行って厳選したパーツを使用し、各セクションのシンメトリーな配置やキャビネットのアップグレードをすることで、全面ブラッシュアップに成功しています。
高いCMRR(コモンモード・リジェクション・レシオ)を誇るフロントエンド回路をマウントして、不要RFI(高周波ラジオバンド干渉)を徹底除去することに成功しています。
広帯域で位相特性に優れた増幅を実現するためには、これだけこだわった回路を採用する必要があるわけです。
ピュアクラスAのフロントエンドからドライバーとなっていて、更に独特のクラスA+AB出力ステージを構築。
タイムコヒーレンス特性、ダイナミック歪み特性に優れ、高い次元でピュアサウンドを再現可能です。

FM ACOUSTICS F10Bのサイズは、幅446mm×高さ100mm×奥行300mm、質量12Kgとなっています。

超高域発振など帯域外の不要信号を排除して、許容入力20dBvを越える過大入力プロテクションもガッチリかけています。
クラシックシリーズの名にふさわしい、ハイレベルなアンプといっていいでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑