画像
FM ACOUSTICSのアンプFM266の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

FM ACOUSTICSのアンプFM266の魅力と真実に迫る

FM ACOUSTICS FM266は、同社の最高峰モデルであるハイエンドプリアンプとして、1991年に誕生しました。

当時の日本はバブル景気が破綻した直後ですが、価格設定は非常に強気で、なんと10,000,000円近くとなっていました。
しかし、不景気真っ只中の日本でも買い求めるオーディオファイルが多数存在したことから、その価格に見合う高い性能を持っていたことが伺えます。

FM ACOUSTICS FM266はアースとシールドに対するトータルバランスに徹底的に拘り、真の完全対称バランス入出力回路を実現しています。
完全対称バランス入出力回路と謳いつつも、偽りがあるアンプもある中で、完璧なシンメトリーを実現しているのが素晴らしいですね。

また、周波数帯域の強弱を調整するリニアライザー機能をマウントしているのもFM266の特徴です。

当時はCD全盛期でしたが、LPやテープなどの音源もまだまだ主流でした。
そんな様々な音源に対して、不快な音を減少させることができるのが魅力として光りました。
更に、信号の弱い部分を強化させて、より聞きとりやすくすることができます。
この処理は、オリジナルの信号の特徴や透明度が完全に保ちつつアナログ領域で処理されるので、ピュアさをキープできるのです。

FM ACOUSTICS FM266のサイズは、幅446mm×高さ88mm×奥行280mm、質量7Kgとなっています。
スタイリッシュかついい意味で暴力的なサウンドで、その場を圧倒することができるアンプです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑