画像
FM ACOUSTICSのアンプFM245の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

FM ACOUSTICSのアンプFM245の魅力と真実に迫る

2002年に誕生したFM ACOUSTICS FM245は、当時、独自の回路設計が大きな話題を呼んだプリアンプです。

FMアコースティクスが開発したエンハンスド・クラスA回路を取り入れることで、優れた安定性と純度高い信号処理を実現しています。
この回路の特徴としては、オーバーオール・フィードバック、オーバーオール・フィードフォワードを一切使用していない点に尽きます。

ステレオ4系統のアンバランス・ハイレベル入力を上手く取り入れて、各入力は+21dBvという高い入力ヘッドルームとなっていて、全周波数帯域にわたってリニアな入力インピーダンスを得ることが可能です。
内部ディップスイッチを容易に設定でき、レベルを-6dBまたは-10dBに減衰させて使用することも可能です。
その自由度の高さも、魅力の1つでしょう。
他にも、フロントパネルに位相反転スイッチがあり、イン出力の位相を180゜反転することも可能となっています。

FM ACOUSTICS FM245は、幅446mm×高さ62mm×奥行280mm、質量6Kgとコンパクトなサイズ感です。

本体内部には信号伝送のための配線材を一切使用せず、線材の引き回しの違いによるパフォーマンスのばらつきを排除することに成功。
ラグジュアリーな雰囲気があるアルミニウム9000を使用した外観も、高級感があります。
優れたスルーレートとライズタイム特性により、高いパフォーマンスを発揮する高性能なアンプです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑