画像
FM ACOUSTICSのアンプFM711の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

FM ACOUSTICSのアンプFM711の魅力と真実に迫る

画像

FM ACOUSTICS FM711は、同社を代表するレゾリューションシリーズに名を連ねるステレオパワーアンプです。
開発には10年の歳月が費やされ、初代のモデルは1997年に発表されました。

まず目がいくのが、その価格。
初代モデル、当時価格で5,500,000円と、超高額な価格設定になっています。
もちろん、ただ高いだけでなく、価格に似合った性能を有しています。

電源部を見ると、特殊な方法で製造された高品質なスチールを使用したトロイダルトランスをマウントしています。
電源部には2つのトロイダルトランスをマウントするのが一般的ですが、FM ACOUSTICSの独自思想により、単独のトランスで回路関係に改善を加えています。
スター・グランド方式を取り入れている点にも注目で、各増幅段それぞれを中心のグランドポイントへグランド接続して、グランド変調や電源インピーダンスを抑制しています。
また、グランド接続を介して起きるステージ間の干渉をシャットアウトすることにも成功しています。

FM ACOUSTICS FM711のサイズは、幅430mm×高さ200mm×奥行450mm、質量25Kgとなっています。温度による特性変化を考慮した上で、トランジスタチップにはハーメティック・シールドされたセラミック筐体としています。

オーディオ機器に関してだけ言えることではありませんが、高級志向を煽るため、ブランディングとして高額な価格設定が行われることは少なくありません。
ですが、FM ACOUSTICS FM711はその価格に見合うだけのこだわりが詰め込まれた、最高峰のアンプといって間違いないでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑