あんしん売却。

GAS (グレート・アメリカン・サウンド) は「天才」「鬼才」など様々な呼び方をされるハイエンドオーディオのパイオニアであり、レジェンドと称されるジェームズ・ボンジョルノがSAEを離れた後、1974年に設立したアンプメーカーです。

元々SAEを離れる予定のなかったジェームズ・ボンジョルノでしたが、Popular Electronics MagazineによるThe Ampzilla プロジェクトの際、プロジェクトをやめるか、SAEという会社を辞めるかを迫られたため、夢を追いかけてGASを設立したという経緯があります。

GASでは彼がチーフデザイナーを勤め、数々の伝説的なアンプを世に送り出しました。

彼の設計には音を良くするためにスピーカーの保護回路を無視したり、ノイズが出る様な設計を採用したりと問題視される部分もありましたが、究極を求めた唯一無二の感性は、今なおハイエンドオーディオの世界においてカリスマ的な存在です。

SAE、SUMO、DYNACO、または晩年のSpread Spectrum Technologiesなど印象的な足跡を残したボンジョルノですが、GAS時代が、彼のキャリアにおいての一つのハイライトだったと言っても過言ではないでしょう。

ジェームズ・ボンジョルノはグレート・アメリカン・サウンドの中心的なオーナーでしたが、彼以外の複数のパートナーに会社の権利を過剰に渡してしまっていたため、後に争いに発展してしまい、数年の闘争の末、結局彼が会社の持分を他のパートナーに売り渡す事で、彼は会社を去ることになってしまいました。

現在も日本、そして世界中に彼や、彼の生み出したアンプの熱狂的なファンが数多く存在します。

対応エリア 全国展開中!

I[fBITEh
↑