文字サイズ:

買取品目

  • アンプアンプ
  • スピーカースピーカー
  • プレーヤープレーヤー
  • レコードプレーヤーレコードプレーヤー
  • オープンリールデッキオープンリールデッキ
  • アクセサリーアクセサリー
  • カートリッジカートリッジ
  • ハイレゾハイレゾ
あんしん売却。

オーディオを売るなら絶対ココ!!

アンプ、スピーカー、プレーヤーから真空管やスタンド、
カートリッジやトランス、インシュレーターまで
 「音」 に関するモノなら何でもご相談ください!

高く売れる!それは日本一高く買取る宣言をしているから。

  • 出張買取でまとめて一度に買取ができる。
  • 毎日、買取市場の相場を把握している。
  • オーディオ好きなスタッフが価値を理解している。
  • 全国にオーディオに詳しいバイヤーが多数在中。
  • どこにも負けない独自の販売ルートがある。
  • 下取りのように買取価格が不明瞭でない。
  • 業者も利用するほどの大量買取ができる。

などなどが、高く売れる理由です。

  • 古くても大丈夫古くても大丈夫
  • 壊れてる品物を売りたい壊れてる品物を
    売りたい
  • 高く売りたい高く売りたい
  • 査定価格を知りたい査定価格を
    知りたい
  • 今日、査定をしてもらいたい今日、査定を
    してもらいたい
  • プロの方に査定してもらいたいプロの方に査定
    してもらいたい
  • 出張買取対応出張買取対応
  • 交渉大歓迎交渉大歓迎
  • 現金でお支払い現金でお支払い
m
オーディオサウンド

対応エリア 全国展開中!

スタッフ紹介

スタッフ

-Message-
「また、君にお願いするよ!」と言っていただけるのが何よりの幸せです。

私たちの商売は、地元に根付いた商売です。いい加減なことをしたら商売を続けることができなくなりますから。
なので「明日、あなた査定に来てよ!」と指名された時ほど嬉しいことはございません。これからも、お客様一人ひとり真心を込めて対応していきたいと思っています。

心がけていること

買取りをやっていて一番感じることは、「お客様のオーディオに対する思いは様々」だということです。だから、思い出深いオーディオを譲っていただく際には「商品の価値を正しく判断し査定する」ことを忘れないように心がけています。

高額買取が出来る専門店として当店が選ばれることには理由があります。

オーディオサウンド 他社サービス
  • 全国対応可能!
  • ご依頼受領後、最短30分でのお伺いも可能!
対応地域
  • 会社により全国対応
  • 店舗の場合、対応エリアが限定
  • プロのスタッフが査定するためお客様から
    高く買取る事が出来ます!
  • 出張、見積もり、搬出費、買取不成立でも
    一切お金はいただきません!
価格
  • 型番、年式で査定
    (実際の買取額と大きく異なる事が多い)
  • アルバイトが査定の場合があり、不安の声も…
  • オーディオ大好きなスタッフが勢ぞろい!
  • オーディオの知識が豊富なスタッフが対応!
スタッフの質
  • アルバイトのスタッフが査定するケースがある。
  • 専門店ではない為、査定金額に不安との声も・・・
  • 9:15~20:30であれば電話はいつでも繋がります!
  • 年中無休!
  • Webからのお問い合わせにも迅速対応!
  • 当日、現金即金が可能です!
対応速度
  • 電話が繋がらないと不安の声が・・・
  • 店舗の場合は定休日有り
  • 現金即金あり(振込みの場合数日かかる場合も)
全国店舗数業界No.1!!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド

ガウス(カテックガウス)という会社は元々JBLにいたバート・ロカンシーとエド・メイを中心とし、1970年代初め頃に現れたスピーカーメーカーです。

ガウス社は、日本ではシャープと共同ブランドであるガウスオプトニカとしても知られています。

ガウスは業務用ユニットやラウドスピーカーの分野で製品を発表しており、特にユニットに関してはJBLのものを凌ぐとまでの高い評価を獲得した、伝説的なメーカーです。

カテックガウスのユニットは、ギター、ベース、そしてアンプのメーカーとして有名なフェンダー社の製品にも多く使われました。

JBLで4310、4320といったスタジオモニターの他に、Decaedシリーズ、L65などを手がけていたエドモンド・メイ(Edmond May)、そして天才エンジニア/デザイナーと謳われ、JBL時代、075やLE15A7などのスピーカユニットの設計で活躍したバート・N・ロカンシー(1919年~1994年)は、GAUSS社でも多くの名品を世に送り出しました。

会社自体はその後、彼ら初期の主要メンバーが去った後も継続しましたが90年代初頭に買収などを経て、時代の荒波に飲まれるように姿を消していきました。

バート・N・ロカンシーはJBLを去り、ALTECに移ったあと、1975年にパイオニア・アメリカに移るまでの数年間Gaussに在籍しました。

その後パイオニアでは、スピーカーエンジニアの育成に尽力し、彼の遺産ともいえるTADブランドが残るなど、その功績には今なお高い評価と賞賛がやみません。

GAUSSの魅力

  • Gauss OPTONICA CP-3824の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • Gauss OPTONICA CP-3820の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

ご遺族の方必見!4分でわかる失敗しない遺品整理【オーディオ編】

オーディオサウンド
遺品整理のページはこちら

買取品目

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑
m