あんしん売却。

ガウス(カテックガウス)という会社は元々JBLにいたバート・ロカンシーとエド・メイを中心とし、1970年代初め頃に現れたスピーカーメーカーです。

ガウス社は、日本ではシャープと共同ブランドであるガウスオプトニカとしても知られています。

ガウスは業務用ユニットやラウドスピーカーの分野で製品を発表しており、特にユニットに関してはJBLのものを凌ぐとまでの高い評価を獲得した、伝説的なメーカーです。

カテックガウスのユニットは、ギター、ベース、そしてアンプのメーカーとして有名なフェンダー社の製品にも多く使われました。

JBLで4310、4320といったスタジオモニターの他に、Decaedシリーズ、L65などを手がけていたエドモンド・メイ(Edmond May)、そして天才エンジニア/デザイナーと謳われ、JBL時代、075やLE15A7などのスピーカユニットの設計で活躍したバート・N・ロカンシー(1919年~1994年)は、GAUSS社でも多くの名品を世に送り出しました。

会社自体はその後、彼ら初期の主要メンバーが去った後も継続しましたが90年代初頭に買収などを経て、時代の荒波に飲まれるように姿を消していきました。

バート・N・ロカンシーはJBLを去り、ALTECに移ったあと、1975年にパイオニア・アメリカに移るまでの数年間Gaussに在籍しました。

その後パイオニアでは、スピーカーエンジニアの育成に尽力し、彼の遺産ともいえるTADブランドが残るなど、その功績には今なお高い評価と賞賛がやみません。

GAUSSの魅力

  • Gauss OPTONICA CP-3824の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

  • Gauss OPTONICA CP-3820の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

 

GAUSS 最新買取情報

     

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑