あんしん売却。

ドイツのスピーカーシステム専門メーカー・German Physiks(ジャーマン・フィジクス)は、1987年にピーター・ディックス氏によって創業されました。

もともと数学者のディックス氏は、ジャーマン・フィジクス創業前から、オーディオシステムの改善点について研究を行っていました。
そして、自身が持つ数学的かつ物理的な知見から何度も実験を重ね、当時の技術をしのぐ革新的なデバイス開発に成功したのです。

このような過程を経てジャーマン・フィジクスが販売する画期的なシステムが、DDDユニットと呼ばれるものです。
この名前は、ディックス氏の名前を冠したDicks Dipole Driverのイニシャルとなっています。

DDD ユニットの特徴は、コーン型ドライバーを伏せたような形で360度方向にわたって音を鳴らせることです。
円錐状の形にすることで、ボイスコイルの稼働時に振動板全体に振動を起こして、どこにいても音を感じ取れるようにしました。
さらには、DDDユニット1つで低域から高域までをフォローできるフルレンジ対応となっているのです。
このDDDユニットは、ジャーマン・フィジクスのスピーカーシステムのすべてに搭載されています。

ジャーマン・フィジクス独自の技術によって鳴らされる音はクリアかつスピーディで、空間に厚みと豊かさを持って広がります。

German Physiksの魅力

  • GERMAN Physiks HRS120 Carbonの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

対応エリア 全国展開中!

I[fBITEh
↑