画像
GoldmundのアンプMIMESIS 22Signatureの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

GoldmundのアンプMIMESIS 22Signatureの魅力と真実に迫る

Goldmund MIMESIS 22Signatureは、RCA7系統(3系統はXLRへの切り替え可能)の入力端子を備えたアナログプリアンプです。
2006年の販売開始当時、世界中の愛好家たちから「究極の完成型」とまで称された銘品で、後に生産された同社のフラッグシップモデル「MIMESIS 22History」の原型にもなっています。

初のフルバランス回路構成モデルであり、入力から出力までモノラルコンストラクションを徹底したLR独立設計を採用。
さらに、電源部を別筐体とした「2BOXコンフィグレーション」など、本機の優れた点を挙げていくとキリがないのですが、やはり一番の特長といえば新開発のアッテネーター回路「ゴールドムンド・ボリューム」の搭載でしょう。

これは16bitのラダー型DAコンバーターをボリューム回路に応用させたもの。
従来のアナログアンプに採用されてきたボリュームの欠点であるクロストーク、LRのレベル誤差を極限まで低減することに成功しているのです。

ゴールドムンドの持つ高い透明度をより追求し、電源部の強化でダイナミックな鳴りもより一層強化されている「MIMESIS 22Signature」
2000年代中盤、世界中に衝撃を与えたこの銘品は、今後もアンプ界で語り継がれていくこと間違いなしの同社渾身の一作だといえるでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑