あんしん売却。


HOVLANDは、米Marantz社に在籍し、数々のアンプの開発に当たっていたHOVLAND博士によって設立されたオーディオ機器メーカーです。

日本でHOVLAND製品の取扱いが始まったのは2000年代に入ってからです。
まずは、ステレオパワーアンプ「Sapphire」、プリアンプ「HP100」がラインナップされました。
どちらも真空管を採用したモデルで、洗練された外観にブルーのイルミネーションが点灯し、見た目だけで手に入れたくなるような製品でした。

そして2003年には、フラッグシップモデルのステレオパワーアンプ「RADIA」とモノラルパワーアンプ「STRATOS」が発売されましたが、今度は両モデルともトランジスター方式になりました。
ブルーイルミネーション機能は引き続き搭載され、HOVLAND製品共通のクリーミーサウンドも健在でした。

洗練された外観デザインはヨーロッパ製のような雰囲気があり、オーディオファイルに対し音質以上に強く訴求しました。

しかし2009年にHOVLANDは倒産して、オーディオ市場から退場することになりました。
現在も中古品を熱心に探しているオーディオファイルがいますが、オーナーが手放すことが少ないため、HOVLANDのアンプを手に入れるチャンスはなかなかありません。
「Sapphire」の人気は特に高く、もし手に入れたならば、青く照らされた真空管を眺めながらの音楽鑑賞は至福の瞬間となるでしょう。

HOVLANDの魅力

  • HOVLANDのアンプSAPPHIREの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。

 

HOVLAND 最新買取情報

     
           

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑