画像
IKEDA IKEDA 9 EMPLの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

IKEDA IKEDA 9 EMPLの魅力と真実に迫る

IKEDA 9 EMPL

2004年に誕生したIKEDA IKEDA 9 EMPL。
IKEDA の中核に位置されている9シリーズにおいて、磁気回路を大きくして強化してるモデルとして知られています。

IKEDAの特徴としては、カンチレバーを無くして針先はアナログレコードに音を刻むカッターヘッドと同期させて、音声信号を忠実にピックアップすることに長けている機構を採用。
これにより、さまざまな余分な付帯要素をカットして、理想的なアナログ再生を行えるのが魅力的です。
カンチレバーをなくすには、様々な困難が伴い、開発の苦労が重ねられていますが、それを見事に実現できたのはIKEDAの技術力があってこそです。

ダンパーはニップル型で、重厚な音質傾向を持っていて、変形しているレコードもしっかりと再生することが可能です。
詳細スペックを見ると、発電方式はMC型、出力電圧は0.18mV、周波数特性は10Hz~45kHz、負荷インピーダンスとしては3Ω、chセパレーションが27dB(1kHz)となっています。
高い性能を誇っていると同時に、耐久性の高さも侮れません。針先は特殊楕円となっていて、針圧は2.5g~3.0g、自重15.7gとなっています。
確実なトレースと共に、レコードに負荷をかけにくいように工夫が施されているのです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑