画像
JBLのアンプSA600の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

JBLのアンプSA600の魅力と真実に迫る

SA600は、誰もが知っている世界最大のスピーカーメーカーの一つ、JBLのプリメイン型アンプで、一度聞くと、その音質の良さは忘れられなくなるというほどの傑作です。
その発表が、50年以上前の1965年であったことから、骨董品としても愛されています。

半世紀以上も前に作られたとは思えない、洗練されたデザインを担当しているのは、インダストリアルデザイナーのアーノルド・ウォルフで、光沢が抑えられたシルバーフェイスに、小さめのコントローラーは、目を見張るほどの美しさです。
スピーカーの機能を最大限に活かしたこのデザインは、以降のアンプデザインの礎を築いたとされています。

さらに、このJBL-SA600は、現代アンプの原点となる「Tサーキット」と呼ばれる新しい出力回路が搭載された第1機種です。
直進性を良くし、歪みを抑え、動作を安定させるこの回路によって、管球アンプのような深い音質を可能にしており、その華やかな音質と音抜けの良さには定評があり、気持ちが良いほどストレートなサウンドを出します。
特に、60年代のミュージックシーン特有の力強い音との相性は抜群で、音の分厚さ、ライブ感にド肝を抜かされるはずです。

また、JBL-SA600はJBLのスピーカーと組み合わせて使うと、圧倒的な能力を発揮します。
スピーカーの長所短所を補うように、音の感情的な起伏までを表現し、未だかつてないリスニング体験に、思わず唸ってしまうことでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑