画像
JBLのアンプSA660の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

JBLのアンプSA660の魅力と真実に迫る

画像

SA660は、世界最大のスピーカーメーカーの一つ、JBLのプリメイン型アンプで、1969年に発表されたJBL-SA600のパワーアップモデルです。
出力を40W+40Wから60W+60Wにし、フロントパネルは、シルバーからマットブラックに変化させています。

さらに、パイロットランプとトーンコントローラーの位置やレバーの形状も変更され、高級感あふれるデザインに進化しており、そのマニッシュな佇まいに、思わずため息を漏らす人もいるでしょう。
デザイナーはJBL-SA600と同じく、インダストリアルデザイナーのアーノルド・ウォルフで、JBL-SA600から渋い進化を遂げた姿に、発売から50年経った今も、多くのファンを魅了し続けています。

音色は、JBL-SA600と同様「Tサーキット」が搭載されているため、低域に安定感があり、音圧がパワーアップしていると実感できるはずで、ラウドネスコントロール、オーラルナルバランサーも搭載され、バランスのいいストレートな音色になっています。

特に、このJBL-SA660は、JBLのスピーカーと相性が良く、乾いた音色で抜けの良さではJBL-SA600に引けを取らぬばかりか、音圧に勢いがあり、ジャズやヴォーカルを流すと、ライブ会場にいるような、圧倒するパワーを感じさせます。
このように、エネルギーを注いでくれるサウンド体験を、十二分に味わわせてくれる名機と言っても過言ではありません。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑