画像
JBLのアンプSE400Sの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

JBLのアンプSE400Sの魅力と真実に迫る

画像

SE400Sは、世界有数のオーディオメーカー、JBLのステレオ・パワーアンプで、SE408Sと内部の仕様がほぼ同じ状態で外装パーツが取り付けられたモデルです。
JBL製のスピーカーと一緒に使用する前提で作られ、特に歴代のスピーカーとの相性が良く、バランスよくまとめられた美しいサウンドを表現します。

スペックは、出力40W+40Wで、トランジスタは、シリコンを使用しており、アンプがスピーカーに組み込まれた状態で使用する、Energizerと呼ばれる方式が取り入れられています。
さらに、内部にプリント配線ボードが搭載され、JBLのスピーカーに合わせ回路を挿し替えながら、イコライザーとして使用できるのが特徴です。

また、外観デザインは、いかにも60年代中盤に発売されたと思わせるもので、SE408Sでは、正面だったパネルが背面に回り、正面のアクリル部分からイコライザーボードを覗かせています。
カーキ色のパネルが全体を覆い、ヴィンテージ感溢れる存在に、心を掴まれる人もいるでしょう。

音色は、迫力重視になりがちなサウンドを絶妙なバランスに中和し、リスナーに心地よさを提供してくれると評価され、反応速度がわずかに遅いながらも、それ故にウッドベースやバスドラはしっとりとした趣を携えた味のある音になります。
このJBL-SE400Sの音を一度耳にすれば、楽器の質感をすぐそばに感じられるリスニング体験に思わずうっとりさせてくれるでしょう

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑