画像
JBLのアンプSE408SEの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

JBLのアンプSE408SEの魅力と真実に迫る

SE408SEは世界最大のスピーカーメーカーの一つ、JBLのステレオ・パワーアンプです。

SE408Sと仕様が全く同じで、海外で使用できるよう、電源電圧が220Vと117Vに切り替えられているところが違いになります。

外装パーツがなく、スピーカーキャビネットや棚などにはめ込んで使用するモデルで、JBL製のスピーカーと組み合わせて使用することを想定して作られています。

歴代のスピーカーと組み合わせて使うと、バランスよくまとめ上げられた美しい音色を表現するのが魅力です。

出力は40W+40Wで、トランジスタはシリコンを使用しています。

さらに、Energizerと呼ばれる、スピーカーにアンプが組み込まれた状態で使用する方式が採られています。

さらに、回路は左右対称のTサーキットを採用し、出力端子まで結合コンデンサーを使用しない完全直結回路です。

そのため、低域特性に優れており、NFをかけなくても歪率は1%以下という、優秀な数値になっています。

音色の良さもJBL-SE408SEを語る上で欠かせません。

迫力重視になりがちなサウンドを絶妙なバランスで中和し、リスナーに心地よさを提供してくれると評判です。

反応速度がわずかに遅いながらも、それ故にウッドベースやバスドラはしっとりとした趣を携えた味のある音になります。

楽器の質感をすぐそばに感じられるリスニング体験に思わずうっとり陶酔してしまうことでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑