画像
JBLのアンプSE460の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

JBLのアンプSE460の魅力と真実に迫る

SE460は、世界有数のスピーカーメーカー、JBLのステレオ・パワーアンプです。

SE400とほとんど見た目が同じですが、40W+40Wだった出力がパワーアップされ、60W+60Wになっています。

まだ真空管アンプが主流の時代に発売され、トランジスタにはシリコンを使用しています。

前段には直結作動回路の「Tサーキット」も搭載され、サウンド界に新しいフェーズをもたらした、次世代アンプと呼ばれています。

この「Tサーキット」は直進性がよいため、歪みを抑え、動作を安定させる力があり、管球アンプのような深い音質を可能にしているのです。

60年代中盤に発売されたことも頷ける、クラシカルな見た目は、インダストリアルデザイナーのアーノルド・ウォルフによってデザインされたものです。

複雑なスピーカーの構造を活かしながら、シンプルで洗練されたデザインは今もなお語り継がれるほどの美しさがあります。

音色は、JBL-SE400と出力が違うぶん、やはり音の精度が異なります。

もともとクリアだった音色はさらに解像度を増し、臨場感がある洗練されたサウンドになっているのが特徴です。

演奏者の息遣い、テンションをダイレクトに味わうことができる優秀なこのアンプは、聞けば誰もが心動かされることでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑