画像
Jeff Rowland Coherenceの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

Jeff Rowland Coherenceの魅力と真実に迫る

画像

数多くのアンプ類を世に送り出し、名機と呼ばれるモデルも多数擁するJeff Rowland(ジェフ・ロゥランド)は、日本でもファンは多く、初めて輸入されたModel 7を皮切りに優れたモデルが広く知られています。
その中の1つであるプリアンプCoherenceは、1995年に発売され、アンプ部と電源がセパレートになったモデルです。

電源部は完全DC電源ですが、充電量が下がると自動的にAC電源に切り替えて充電を開始する機能を搭載しているほか、手動によるDC/AC切り替えも可能となっています。
その他の機能についても、マイクロプロセッサーによって制御され、操作した直後にスリープモードに切り替わることから、デジタルノイズの発生も防ぐことができます。
ボリュームコントロールは、信号伝送に歪みを与えない機構を採用し、ノイズの排除に成功しているほか、回路にはニッケルコアトランスを搭載し、インピーダンスのマッチングを図ることも可能です。

                                                                                                     

また、アンプ部と電源部のいずれにも、ハードアルミブロックから繊細に削り出したシャーシを採用していて、ハードアルミは内部構造にも用いられ、共振の排除や信号への干渉防止に大きな役割を果たしています。
Coherenceが奏でる音は音場感に優れ、緻密に再現された音が空間いっぱいに広がります。
そのうえ厚みや立体感にも優れ、芯のある力強さも持ち合わせた音の広がりが、貴方にこれまでにない心地よい音場空間をもたらしてくれるでしょう。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑