画像
KRELLのアンプKRC-HRの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

KRELLのアンプKRC-HRの魅力と真実に迫る

KRELL KRC-HRは、最大出力電圧28V/4Ωを誇る、ローインピーダンスのラインコントロールアンプです。
回路は全段バランス構成で、安定したハイカレント特性とバイポーラ素子により、ピュアコンプリメンタリー純A級動作を実現しています。

ボリュームコントロールにはHC11マイクロコントローラーを採用し、300ステップ以上もの微細な調整が可能な、ハイレゾ・ラダー型抵抗レベルコントロールシステムにより、高精度の音量調整を行なっています。

回路基板には信号増幅回路、DC電源ラインなどを重ね合わせた積層型のガラスエポキシ4層基板を採用し、各パーツを最短距離で配置して相互干渉やノイズ混入を低減し、低歪率・高S/N比を実現しました。

電源部は本体から分離した別筐体となっており、信号増幅回路への干渉を抑える設計となっています。

ちなみに、KRC-HRは選択式ユニティゲイン入力端子を装備しているため、AVプロセッサーの接続が可能で、さらに付属のリモコンを使えばKRELL製CDプレーヤーの操作も可能です。

主なスペックは、S/N(Unweighted) 95dB以上、周波数特性:0.2Hz~400kHz +0 -3dB・20Hz~20kHz ±0.02dB、全高調波歪率:0.002%(20Hz~20kHz)、外形寸法:【本体】幅452×高さ67×奥行382mm・【電源】幅222×高さ64×奥行382mm、重量【本体】5.25kg・【電源】3.2kgとなっています。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑