画像
KRELLのアンプKRCの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

KRELLのアンプKRCの魅力と真実に迫る

KRELL KRCは、ハイバイアス純A級ローインピーダンス構成のラインコントロールアンプです。
ラインアンプ部は全段バランス方式で、出力インピーダンス4Ωで最大28Vの出力を誇ります。

入力段はFETの差動構成によってインピーダンス変動を回避し、出力段はバイポーラ素子による完全コンプリメンタリー純A級動作で、ドライブ力の高いローインピーダンス構成を実現しています。

信号経路にはダイレクトカップルを採用し、コンデンサーが要因となって起こるカラーレーションを排除し、サーボ・フィードバック回路によって安定した動作を確保しています。

電源部は本体から分離した別筐体で、信号増幅回路への電磁的影響を排除する設計です。
電源供給能力にはかなりの余裕を持たせてあり、信号増幅に必要な電流容量をはるかに超えるレギュレーションを維持しています。

KRCの配線はワイアリングを使用せず全段直結とするほか、使用するパーツも厳選して高精度をはかっています。
抵抗器には偏差±1%以内の米国ミリタリー規格に準拠したパーツを使い、回路基板に4層ガラスエポキシ積層基板を使うなど、細部まで気を配り低歪率・高S/N比を実現しました。

主なスペックは、全高調波歪率0.01%以下、S/N比(A) 100dB以上、周波数特性2Hz~200kHz +0 -0.5dB、外形寸法:【本体】483(幅)×70(高さ)×387(奥行)mm、【電源部】幅221×高さ64×奥行286mm、重量8.9kg(電源部含む)となっています。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑