画像
KRELLのアンプKRS-2の魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

KRELLのアンプKRS-2の魅力と真実に迫る

KRELL KRS-2は、上級機種であるKRS-Balancedのノウハウを駆使して開発されたコントロールアンプです。
KRS-Balancedでモノラル設計だったアンプを、KRS-2ではステレオ仕様に変更し、各ブロックにはバッファアンプを介してブロック間の相互干渉を排除しました。

外観は本体と電源部が切り離され、さらに電源部の中で電源トランスが分離された、珍しい3筐体の構成となっています。
こうすることで、電磁的な相互干渉を徹底的に押さえています。
また、KRS-2はNFBにコンデンサーを使用しないCR型イコライザーを採用し、ナチュラルな音源再生を実現しています。

フォノ入力はMCカートリッジ用に高性能ヘッドアンプを内蔵し、9段階のインピーダンス切替え機能も装備して、アナログ入力を充実させました。
さらに、CD入力用に専用のバッファアンプを内蔵しており、KRELL独自のフィルター回路を使って、どんなCDプレーヤーにもマッチする設定が可能となっています。

シャーシは厚みのあるアルミ素材を使用し、不要共振を抑えるとともに、堅牢性を持たせています。

主なスペックは、全高調波歪率Phono:0.05%以下・Line:0.005%以下、周波数特性5Hz~100kHz ±0.5dB以内(Aux~Pre out)、SN比(IHF-A)Phono MM:78dB・Aux:100dB、ゲイン:Phono MM:40dB・Line:12dB、外形寸法:【本体】483(幅)×63(高さ)×340(奥行)mm、【電源部】483(幅)×63(高さ)×305(奥行)mm、【トランス】95(幅)×60(高さ)×335(奥行)mm、重量【本体】8.15kg、【電源】9.25kg、【トランス】4.15kgとなっています。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑