画像
KRELLのアンプKSLの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

KRELLのアンプKSLの魅力と真実に迫る

画像

アメリカのハイエンドオーディオブランドの第一人者ともいえるKRELL(クレル)から、いわば廉価版といえる価格帯で発売されたのが、1990年~1991年頃に発売されたプリアンプKSLです。
KSLは、ほぼ同時期に発売されたパワーアンプKST-100と併用することを前提にして開発されました。

ハイバイアス構成で純A級動作を行うモデルで、低インピーダンス入力への対応が可能となっています。
そして、入力系統はRCAアンバランス入力が2系統、XLRバランス入力が2系統搭載されています。
さらに出力系統はRCAアンバランス出力1系統、XLRバランス出力1系統を接続することができます。

その他、別売りのフォノアンプを内蔵することによりアナログ音源にも対応し、基板に設置されたディップスイッチによりMM/MCのゲインやインピーダンス切り替えを行えます。

筐体はメタリックブラックのスリムなデザインで、フロントパネルの4つのつまみと中央に配置されたエンブレムプレートがシックです。
そして音には厚みがあり緻密な印象で、スピーカーを十分にドライブさせる余裕を感じさせます。
この力強さや躍動感はKRELLの特長でもあり、しっかりした聴き応えを求める人におすすめです。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑