画像
LINNのアンプKLIMAX KONTROL SEの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

LINNのアンプKLIMAX KONTROL SEの魅力と真実に迫る

LINN KLIMAX KONTROL SEは、2008年に誕生したリファレンスプリアンプです。
LINNの最上位機種であったKLIMAX KONTROLをさらにバージョナップさせたモデルで、圧倒的な性能と上質な佇まいを併せ持つ、ハイエンドな仕上がりになっています。

LINNは、アナログ系のプリアンプから徐々に手を引き、DSMに注力する方向へと舵を切っていますが、このLINN KLIMAX KONTROL SEは、アナログサウンドも大切にしたアンプと言えるでしょう。

音声回路は表面実装によって左右対称のレイアウトで仕上げられており、さらに、スイッチモード電源なども効率よく配置することで、最大限のパフォーマンスを発揮する土台ができており、心臓部がしっかりしているために、周囲のデバイスの良さを最大限発揮させることができる点も、高評価につながっています。

KLIMAX KONTROL SEは、幅350mm×高さ60mm×奥行355mm、質量9Kgと非常にコンパクトなサイズとなっていて、アルミ削り出しの2ピースからなる筐体は、非常にスタイリッシュな印象があります。
また、設置場所が困らないという点も魅力的ですが、入力端子としてRCAフォノ3系統・XLR(2番ホット)1系統・KNEKT INがあるなど、拡張性も非常に高いのが特長です。
このLINN KLIMAX KONTROL SEは、2015年に生産が終わりましたが、今でも中古で探し求めるオーディオファイルが多い名機です。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑