画像
LINNのアンプKLIMAX 500 SOLOの魅力と真実に迫る!価値を知っているからこそできる「買取」が、ここにはあります。
画像

LINNのアンプKLIMAX 500 SOLOの魅力と真実に迫る

LINN KLIMAX 500 SOLOは、1999年に誕生したモノラルパワーアンプです。
時代はデジタル音源に傾倒しており、アナログサウンドが肩身の狭い思いをしている中で、あえて時代に逆行したアンプとして大きな話題を呼びました。

電源には、従来はパソコンなどに採用されてきた小型電源システムを採用しているのが特長です。
そのまま搭載するのではなく、商用電源フィルター処理を施し、高電圧の直流に変換した上で様々なチューンナップを加え、オーディオ用回路への電源供給を安定化しています。
このテクノロジー自体は決して珍しいものではないのですが、高周波ノイズ問題があり、なかなか実用性が高いものがなかった中で、LINNのノウハウにより実用化にこぎつけたのです。

KLIMAX 500 SOLOは、幅350mm×高さ60mm×奥行355mm、質量9Kgのサイズ感です。

フロントパネルはシンプルなブルーLEDを採用。
当時としては非常に先進的なデザインで、多くのオーディオファイルの心をわし掴みにしました。
今でも支持され続けるアナログレコードのサウンドも、KLIMAX 500 SOLOを通して再生することで、より魅力高いものにすることができます。

あんしん売却。

対応エリア 全国展開中!

買取方法

査定依頼フォーム

オーディオサウンド
↑